三田天満神社でのお宮参り撮影をしよう【兵庫県三田市】

お宮参り

三田天満神社でのお宮参りと出張撮影サービス概要

お宮参りは、子どもの健やかな成長を願って行われる重要な神社での儀式です。

三田天満神社では、豊かな歴史と伝統に彩られた空間でこの特別な瞬間を祝福します。

プロの出張撮影サービスによって、家族の大切な記念を美しく残すことができます。

お宮参りとは

お宮参りは生後初めての社会的な行事であり、生後1ヶ月頃に赤ちゃんを神社に連れて行き、無事な誕生を報告し、これからの成長と健康を祈願する日本の伝統的な儀式です。

三田天満神社の概要と歴史

三田天満神社は、歴史ある神社で、学問の神様として知られる菅原道真を祀っています。多くの信者が訪れるこの神社は、古くから地域の人々に愛され、数々の年中行事を執り行っています。

出張撮影サービスの基本情報

出張撮影サービスでは、お宮参りの祝福された一日を、経験豊富なプロのカメラマンがしっかりとカメラに収めます。撮影データは納品され、家族の大切な記念となります。

三田天満神社でのお宮参りの流れ

お宮参りの流れには、まず神社に到着し、社務所での受付を行うことから始まります。

その後、神職の方による特別な祈祷があり、家族で参拝をします。

出張撮影をご利用される場合、まず駐車場や鳥居などわかりやすい場所で待ち合わせを行います。

その後、鳥居や門などの前で家族写真や集合写真を撮り、社務所まで移動します。

社務所でご祈祷の予約などを済ませ、神職の方の指示に従い、祈祷が行われます。

祈祷後、家族写真やピン写真、パーツ写真を撮って終了になります。

出張撮影料金

出張撮影の料金は、ご家庭のニーズに応じて選ぶことができます。基本パッケージは、撮影と、色調調整、データ納品を含み16000円です。

追加料金でアルバム制作や大型プリントなどが可能です。そのほかキーホルダの制作やオリジナルグッツなども可能です。

キーホルダーの制作はすごく人気が高く、七五三などでリピートされる方もたくさんいらっしゃります。

お宮参りの準備と衣装選び

お宮参りを迎えるにあたって準備は不可欠であり、特に衣装選びはその中核をなします。赤ちゃんにとって最初の晴れ舞台となるため、衣装選びには時間をかけ、丁寧に行うことが重要です。

衣装はネットでレンタルすることも可能ですし、スタジオアリスさんやスタジオさんなどでレンタルすることが可能です。

お宮参りの意義と重要性

お宮参りは、新しい命の誕生を祝い、健康と長寿を願う親族や地域社会によるサポートの表れです。この時期に行うことが、子どもの人生の幸福を願う日本の伝統であり、その意義は非常に大きいものです。

衣装の種類と選び方

お宮参りの衣装には、一般的に赤ちゃん用の産着やお宮参り着が用いられます。

男の子は羽織袴、女の子はドレスや着物が選ばれることが多く、家族の好みや伝えたい想いを形にして選ぶことが大切です。

事前の準備リストとチェック事項

お宮参りの準備リストには、赤ちゃんの衣服のほか、おむつや着替え、お飲み物、タオルなど、当日必要なものを確実に準備しておくことが必要です。また、神社へのお供え物やお榊など、儀式に必要な品も事前にチェックしておきます。

神社でのマナーと注意点

神社でのお宮参りでは、静かな雅な気持ちで臨むことが求められます。礼儀正しく振る舞い、神職や他の参拝者に配慮した行動を心掛けることが大切です。

出張撮影の流れ

予約方法と事前の打ち合わせ

出張撮影を希望する際は、予約を行い、撮影の意向を伝え、スケジュールや撮影プランを決定します。

その後、どんな写真が撮りたいか、どこの神社でいつ撮りたいかなどの希望をメールで伝えてください。

ご希望にそうことも可能ですし、おまかせしますということであれば、こちらから提案させていただきます。

撮影当日のスケジュール

撮影当日は、カメラマンが約束された時間に神社または指定の場所に到着し、撮影が行われる流れと時間配分の打ち合わせを行います。

撮影機材とセッティング

プロのカメラマンは、最高品質の写真を撮影するために、最新のカメラやレンズ、照明器具を使用し、現場環境に合わせたセッティングを行います。

撮影スタイルの選択

お宮参りの撮影では、記念写真のような正式なポートレートから、家族の自然なやりとりを捉えるドキュメンタリースタイルまで、様々な撮影スタイルが選べます。

アフターケアと写真の納品

撮影後は写真の選定と編集が行われ、最終的な写真データやプリントは顧客に納品されます。追加の注文やアルバム制作などのアフターケアも提供されます。

三田天満神社のお宮参りお祝い行事

神社でのお宮参りの特別な儀式

三田天満神社で行われるお宮参りの特別な儀式として、赤ちゃんとご家族が主役の祈祷が挙げられます。神職による祝詞や神楽の舞が神聖な雰囲気を高めます。

家族との参加者向け行事

お宮参りの日は家族や親族が集まり、赤ちゃんの成長を共に喜び、お祝いをします。三田天満神社では、このような家族団らんを大切にした行事が多数用意されています。

フォトスポットと撮影可能エリア

三田天満神社には美しい自然や建造物が多く、撮影のフォトスポットが豊富にあります。神社内に設けられた撮影可能エリアでは、素敵な写真を安心して撮ることができます。

三田天満神社は、ご祈祷の時間が被らなければ、ご祈祷中もお写真を撮ることが可能です。

この辺の神社だと有間神社も撮影可能ですが、撮影できる神社は非常に少ないので貴重な神社の一つです。

神社の隣には、公園があり、芝生も綺麗ですごく映えるスポットになります。

奥の池では、秋になると紅葉が綺麗に輝きます。神社と公園の二つで撮れるのも、三田天満神社の魅力の一つです。

2024年のお宮参りスケジュール

2024年の三田天満神社でのお宮参りのスケジュールは、公式ホームページや社務所にて確認が可能です。事前の予約が推奨されるため、早めに日程を調整することが望ましいです。

出張撮影のコツと裏技

プロフェッショナルカメラマンの選び方

プロフェッショナルカメラマンを選ぶ際は、ポートフォリオや過去の実績をチェックし、お宮参りの撮影経験が豊富で信頼できる人物を選びましょう。

子供とのコミュニケーションとポージングのコツ

赤ちゃんや子供には穏やかに接し、リラックスさせながら撮影します。自然な表情を引き出すためには、ポージングよりも日常的な動きを大切に捉えるほうが良い結果になります。

季節ごとの撮影テクニック

季節を意識した撮影では、桜の開花時期にピンクの衣装を合わせたり、紅葉シーズンには赤や黄色のアクセントを取り入れるなど、色彩を工夫することで美しい写真が完成します。

撮影の思い出を残す方法

撮影した写真はアルバムにまとめたり、ウェブアルバムとしてオンラインでシェアしたりと、多様な方法で思い出を残せます。時には、撮影時のエピソードを記したフォトブックを作成することで、物語としての価値も加わります。

よくある質問と答え

1.お宮参りはいつするべきか

赤ちゃんが男の子なら生後31日~32日目、女の子なら生後32日~33日目に神社やお寺に参拝する行事です。しかし、赤ちゃんの状態や季節などによってうまくずらしても問題ないです。夏の猛暑の時期や冬の極寒の季節は避けても良いかもしれません。

2.どこの神社を選べば良いですか

三田市だと、三田天満神社や塩田八幡宮、中山寺などが選ばれることが多いです。中山寺は安産で有名なこともあり、お宮参りでも全国から多くの人が駆けつけます。

Photo Luceでは三田天満神社のお宮参りをおすすめしています。

3歳の七五三まで保管してくれる、お子様の似顔絵を書いた絵馬があったり、未来の家族へのプレゼントを残すこともできます。なかなか良いサービスだなと思います。

3.天候不良や体調不良による撮影日の変更について

特別な理由を除いてのキャンセルはお断りしております。天候不良や体調不良による延期やリスケジュールは可能です。ご気軽にご相談ください。

4.雨でも撮影できますか

可能です。雨の当たりにくい場所や傘を刺しながら撮影することができます。しかし、安全第一で撮影を行いますので、安全が考慮できない場合は撮影できない場合もございます。

5.駐車場料金や交通費について

駐車場料金は原則としてフォトグラファー自身が負担しますので請求されることはありません。交通費に関しても、兵庫県内であれば原則請求されません。

予約とキャンセルポリシー

当日キャセルの場合100%の料金
前日キャンセルの場合80%
1週間前キャンセル50%

なお、日付変更は無料でできますので、体調不良や天候が悪い場合はご相談ください。

お宮参り撮影を彩る三田天満神社の雅やかな伝統

三田天満神社でのお宮参りは、伝統と歴史が息づく非日常的な空間で、家族にとって一生の思い出を紡ぎます。お祝いの儀式を豊かな文化とともに体験し、その記憶を永遠に残す撮影サービスは、記念日をさらに特別なものにします。

三田天満神社

住所: 兵庫県三田市天神3丁目34番5号

電話番号: 079-562-2647

Eメール: info@sandatenmanjinja.com

HP

Follow me!

投稿者プロフィール

まっち
週末のお出かけに困らないお得な地域情報を発信
▶️50万人が見ている地域メディア「いいとこたくさんだ」を運営
▶️ヤフー認定クリエイター
▶️お宮参り・七五三の出張カメラマン
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました