【三田観光スポット】新三田で人気のいちご狩り!ジューシーで甘すぎる、いな岡に行ってきた

ついに、2023年いちご狩りのシーズンがやってきました。

新三田にある「新さんだ農園いな岡」にいちご狩り体験に行ってきました。「いな岡」の魅力についてお伝えします。

「いな岡」では、とてもジューシーでとっても甘い3つの種類のイチゴが食べれますよ。

新さんだ農園いな岡の基本情報

いな岡HPより
  • 住所:〒669-1313 兵庫県三田市福島365
  • 開園期間:12月17日から
  • 休園日:月曜日・火曜日
  • 開園時間:10:00~14:30
  • 料金(いちご狩り):大人:2600円、3歳〜小学生:2200、1〜2歳:600円、0歳:無料
    ※いちご狩りは30分食べ放題
  • 電話番号:080-2535-4375
  • ホームページ:https://www.inaoka-farm.com/

新さんだ農園いな岡の見どころ

JR新三田駅から徒歩圏内で行ける好立地にあるいちご農園なんです。

いちご農園って行きにくいところにあることが多いので、電車と徒歩で行けるのはすごく嬉しいですよね。

どんなイチゴが食べれるの?

「いな岡」には3種類の品種のイチゴがあります。

上の写真の左から、紅ほっぺ、かおり野、あさひめです。

紅ほっぺはいろんなところで見るので知っている方も多いと思います。その他の品種はあまりみたことがないかもしれないので解説していきますね。

「紅ほっぺ」は静岡県生まれで、よく熟した果実が特徴で香りよく酸味が少しあるのが特徴です。

いな岡で食べた紅ほっぺは、どれも甘くジューシーで最高でした。

「かおり野」は三重県で生まれたいちごで、果肉はかためで、甘味が強く酸味はおだやかだそうですが、いな岡で食べた「かおり野」は水気が多くすごく熟したトマトに似た旨味でした。

「あさひめ」は静岡県で生まれたいちごで、比較的酸味の少ないイチゴです。酸味が少ない分糖度を感じやすく女性に人気なイチゴだそうです。

ぜひ食べ比べてみてくださいね。

どんなイチゴが美味しい?!美味しいいちごの見分け方

美味しいいちごの見分け方って知っていますか?

美味しいイチゴの見分け方についてレクチャー受けてきました。

いちごって追熟しない果物なんですよね。

バナナは切ってからも熟していきますが、いちご切ってから熟すことはないそうです。

つまり、熟した状態で切り取ることが美味しく食べるポイントなんです。

私たちがスーパーで手に取るいちごは完熟の前に取ったイチゴなので、どれだけ待ってもイチゴ狩りのいちごにはならないそうです。

では完熟したいちごとはどのようなものなのでしょうか。

完熟したいちごは、真っ赤な色あざかやなものではなく、少しくすんだ色をしており、少し柔らかくなっているものだそうです。

ツヤツヤで色鮮やかないちごはまだ完熟していないので注意が必要です。

ちなみに大きいイチゴと小さいイチゴは小さい方が美味しいそうです。

みなさんもぜひいろいろ試してみてくださいね。

投稿者プロフィール

まっち
週末のお出かけに困らないお得な地域情報を発信
▶️50万人が見ている地域メディア「いいとこたくさんだ」を運営
▶️ヤフー認定クリエイター
▶️お宮参り・七五三の出張カメラマン
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました